無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

『食は中国にあり』は本当?

日本は世界各地からよい食材を輸入し、工夫に工夫を凝らした美味しい料理を出すお店がたくさんあります。

 

『本場の料理』を輸入すると、日本人好みにアレンジし、さらに美味しく仕上げる技術開発力を持っています。

 

日本料理は目と舌と雰囲気で味わいます。

 

対して中華料理は、フカヒレとか熊の掌とか燕の巣とか、奇妙な食材に強烈な香辛料を使い、食材本来の味を殺した味付けのものを『最高』としている感があります。

 

確かに珍しいものですが、必ずしも日本人の舌に合うとは限りません。

 

邪道料理を食べるくらいなら、豆腐を食べた方がマシですが、中国の豆腐はまずいのです。

 

美味しい豆腐を作るには、美味しい水が必要です。

 

日本はこの水資源に恵まれています。

 

いくらよい大豆を使っていても、これだけはどうしようもないのかもしれません。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜




関連ページ

メリットとデメリットを徹底的に主張する
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
『三択法』で進めよう
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
『1+3の主張法』+『三択法』
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
中国人との交渉でやってはいけないこと
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。