無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国側から意見を言わせる

中国側は交渉の場に臨むと、あたかも日本側の意見を尊重するかのように装います。

 

言葉巧みに誘導して、日本側の胸中を洗いざらい聞き出そうとします。

 

まずは相手の意見や考え方を言わせてこれを分析し、質問や反論を挙げつつ対策を考えるという手段をとります。

 

相手の意見や考えも分からないまま、こちらの意見や考えをしゃべってしまうと、後で後悔することになります。

 

また、一方的に日本側の意見や考えを述べると、それが中国側の意に沿わず決裂した時は、「日本側が反対して意見の一致がみられなかった」と、全て日本の責任にしてしまいます。

 

いざ交渉になった場合、こちらが何を考えているか分からぬよう、抽象的でとりとめのない発言に留めるか、センスのよいジョークを飛ばして無視してしまうとか、意図的に自分たちに有利な情報を流す貸した方が賢明です。

 

それでもなお、中国側は日本側の考えを引き出そうと迫ってきます。

 

これを巧みにかわしながら、常に質問形式の発言からスタートし、相手の意見や考えを先に引き出していくのがコツです。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜




関連ページ

正式な会議以外でこちらの考えを言ってはいけない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
「これはみんなの考えです」と前置き
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
軽い気持ちで「すみません」と言わない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
議論は具体論で行う
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
感情を排し、冷静に対応する
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
譲歩すべきでないことは絶対に譲歩しない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
無理な結論は出さずに逃げる
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
二重三重の対応策を立てておく
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。