無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

正式な会議以外でこちらの考えを言ってはいけない

宴会の席ばかりではなく、送迎の社内などでも交渉中の問題を持ち出し、こちらの考え方や本音を聞き出そうとします。

 

そうやって得た情報を元に対策を練り、交渉相手が複数の場合は共同戦線を張って攻めてきますから用心しましょう。

 

美辞麗句は無視する

交渉に先立って、中国側は「日本側の貢献は素晴らしい」と、あらん限りの美辞麗句を並べて称賛してきます。

 

このような外交的、かつ比較的大型な商談での美辞麗句は巧妙かつ戦略的なものと心得ておきましょう。

 

その場の雰囲気に酔い、調子に乗って感謝の意を述べたり、期待を持たせるような発言をしたりするのは禁物です。

 

のちのち「一切過失なし」と主張する根拠にされたり、「あまり無理な要求をしても」と強く反論できなかったりします。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜




関連ページ

中国側から意見を言わせる
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
「これはみんなの考えです」と前置き
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
軽い気持ちで「すみません」と言わない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
議論は具体論で行う
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
感情を排し、冷静に対応する
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
譲歩すべきでないことは絶対に譲歩しない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
無理な結論は出さずに逃げる
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
二重三重の対応策を立てておく
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。