無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

軽い気持ちで「すみません」と言わない

クレーム処理の交渉では、たとえ外交辞令であっても「ご迷惑をおかけしました」「申し訳ありません」というような発言をしてはいけません。

 

日本式に謝罪の意を述べると、過失を認めて中国側の要求をのんだと解釈されてしまう可能性大です。

 

いざ正式な交渉の段になって、「先日、あなたは我々に迷惑をかけて申し訳ないと言ったじゃないか」と言葉尻を捉えられてしまいます。

 

外交事例的謙虚な発言は厳に慎むべきです。

 

バーゲンセールのように「すみません」を連発する日本人に対し、中国人は自分の側に誤りがあったとしても、滅多なことでは「すみません」と言いません。

 

長々と弁明し、自らを正当化しようとします。

 

中国人にとっての「すみません」は罪を認める、負けを認めて降伏するという意味が強いため、「すみません」の安売りはできないのかもしれません。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜




関連ページ

中国側から意見を言わせる
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
正式な会議以外でこちらの考えを言ってはいけない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
「これはみんなの考えです」と前置き
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
議論は具体論で行う
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
感情を排し、冷静に対応する
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
譲歩すべきでないことは絶対に譲歩しない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
無理な結論は出さずに逃げる
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
二重三重の対応策を立てておく
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。