無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

二重三重の対応策を立てておく

中国ではどんな事態が起こるか分かりません。

 

万一の場合を想定して、取り越し苦労と言われようとも二重三重の対応策を考えておかないと、足下をすくわれます。

 

ある日中合弁のプレス工場の話です。

 

ある扇風機工場から10万個の台座の注文を受け、プレス工場は製鉄所に鉄板を依頼したのですが、鉄板の納入が2週間近くも遅れてしまい、結果、当初の納期から2週間遅れて台座を納入しました。

 

その旨を扇風機工場に連絡すると、「約束通り納品しなければ、生産ラインが止まってしまう。その分の損害賠償を要求する」と言い出し、とうとう裁判沙汰になってしまいました。

 

結局、プレス工場は扇風機工場に35万元の賠償金を支払うことになった上、製鉄所との裁判にも敗訴して大損となってしまいました。

 

この場合、原材料の購入先を複数にする、輸送の手配は自らやる、ユーザーとの納期契約に余裕を持たせる、連絡を密にして情報交換しておく、といった対応策をとっていなかったことが失敗に繋がったわけです。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜




関連ページ

中国側から意見を言わせる
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
正式な会議以外でこちらの考えを言ってはいけない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
「これはみんなの考えです」と前置き
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
軽い気持ちで「すみません」と言わない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
議論は具体論で行う
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
感情を排し、冷静に対応する
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
譲歩すべきでないことは絶対に譲歩しない
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。
無理な結論は出さずに逃げる
日本の常識と中国の常識は違います。たとえば、日本なら、食事をご馳走してもらったら、翌日お礼を言うのが常識です。しかし、中国ではお礼を言わないのが常識なのです。