無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

和菓子やおせんべいの詰め合わせは贈ってはいけない

和菓子やおせんべいは、品物自体に問題があるのでなく、渡すときに添える言葉が問題なのです。

 

日本人は、お土産を手渡すときに「つまらないものですがみなさんで召し上がってください」と言うのが一般的です。

 

しかし、これは中国人に対してはたいへん失礼な言葉になるのです。

 

中国では、贈り物は個人が個人にプレゼントするものなので、一対一が基本です。

 

そこで、贈る相手は個人であって、「みなさん」ではないのです。

 

そこで、「みなさんで召し上がってください」はたいへん失礼な言い方になるのです。

 

本当に「みなさんで召し上がってください」という意味を込めて品物を贈る場合は、個人用に1つと、みなさん用にもう1つ、あわせて2つを準備しておく必要があります。

 

企業の説明会や商談会などのイベントのお土産も、必ず1人に1つずつ用意する必要があります。

 

また、「つまらないものですが」という言葉も、中国人に対してはふさわしくありません。

 

必要以上にへりくだるよりも、「あなたのために一番いいものを買ってきました」と言って手渡すほうが適切です。

 

これも、中国と日本の文化の違いなのです。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜