無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国人は「世間体」という感覚を持っていない

日本では、共通の認識として「世間」という共同体が存在し、「世間体が悪い」「世間に迷惑がかかる」「人様に顔向けができまい」「世間が黙っていない」「世間では通用しない」などと、「世間」がひとつの判断基準になっています。

 

これは日本独特の感覚です。

 

一方、中国人は「世間」というコミュニティ感覚を持っていません。

 

バスの中でお年寄りに席を譲らない人を「不厚道」(ブーホウダオ)と言いますが、これは、「世間」を基準にして恥ずかしいというより、その本人が親切かどうかという個人的な問題なのです。

 

「世間」とは中国人にはなかなか理解しにくい概念なのです。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜