無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国人の転職はあくまでもスキルアップ

中国では転職がたいへん多く、ひとつの会社に長く勤めるよりも、自分の能力が発揮できる会社を探して転職するビジネスマンがたくさんいます。

 

日本とは違い、長期安定雇用という考え方は一般的ではないのです。

 

特に、沿海地域の都市部のビジネスマンに、より条件のよい会社への転職を繰り返す傾向が多く見られます。

 

会社で学んだスキルを次の転職の武器にし、3年から5年で転職をすることは珍しくありません。

 

また、中国人は独立志向が強く、いつかは自分で起業しようと思っている人が多いようです。

 

日系現地法人の中国人社員の定着率は、3年がひとつの目安だといいます。

 

自分の適性に合わない仕事だと、1か月から3か月でやめてしまう人もいるようです。

 

そこで、中国で優秀な人材を確保することや、社員を教育することには、難しい課題があるようです。

 

日本では、新入社員研修、語学研修、各種技能や技術を習得するための社内研修から、管理職向け研修まで、会社が社員を育成するために一定の投資を行います。

 

しかし、中国ではこのような研修制度はまだ十分に整備されていません。

 

むしろ、必要なポジションに必要とされる能力をもっている人材を採用するという考え方が一般的で、即戦力重視です。

 

新入社員を多数採用して、研修を行って育てるという独特の制度があり、長期安定雇用を前提に定年まで勤めることが理想とされている日本とは、環境がかなり異なるようです。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜