無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

成果に見合う正当な報酬

中国では、労働に対する対価が、だれにでもわかりやすい形で明確に示されている必要があります。

 

中国人は、成果と報酬の関係を明確に意識して仕事をするからです。

 

目標を達成した場合の報酬はもちろん、残業手当や休日出勤手当、出張手当などに関しても同様です。

 

中国人にとっては、日本では一般的なサービス残業や、仕事を自宅に持ち帰ることは理解にできないことなのです。

 

労働に対する対価への不満は、支払基準や支給方法が明確になっていないと生じます。

 

少しでも賃金面でよい条件の会社があるとすぐに転職する中国人を、日本人は拝金主義という言葉で批判します。

 

しかし、中国人は、正当な基準で判断される正当な評価と、目標を達成した成果に対する正当な報酬を要求しているだけなのです。

 

日本企業は、会社や組織の中でチームの一員として協調性やチームワークが重視され、その延長で必要以上の労働を強いられたり、自分を犠牲にしてまで組織のために働かなければならない場合もあります。

 

しかし、日本人は、あいまいな基準で評価され、成果に対する正当な報酬をきちんと受けられていない傾向があります。

 

そういう面では、中国人のほうが健全なのかもしれません。

 

中国人は、会社が自分に期待することに対して、自分自身の実力を100%発揮することが会社への貢献であるという考え方を持っているのです。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜