無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国人にとって成果と報酬は金銭だけではない

成果に対する報酬にはさまざまな形があります。

 

社員の実績や経験に伴う昇給や会社の業績に応じて支給される定期賞与が基本ですが、個人が目標を達成したときの特別手当、歩合制のコミッション、チームごと競わせることを目標として支給する報奨金など、さまざまな方式を複合的に取り入れて実践している企業もあります。

 

中国では、お祝い事があると「紅包」(ホンパオ)というお祝い金を贈る習慣がありますが、成果に対する報酬として紅包を出す企業も少なくありません。

 

そのほか、社員の誕生日や、長期休暇の際に交通費や故郷へのお土産代として、また、結婚式や家族のお祝い事などがあるときにも紅包を渡す企業も多く、人間関係を構築する上での潤滑油となっています。

 

中国では、誕生日や結婚記念日など、さまざまな機会に親戚や一族が集まり、食事会を開きます。

 

中国人の部下の家族で、このようなお祝い事があるときに、気持ちだけでも紅包を渡すことで、人間関係の距離を縮める有効手段にもなっています。

 

一方、報酬は必ずしも金銭である必要はありません。福利厚生の一環としたスポーツ大会やバス旅行を実施する企業も少なくありません。

 

また、スポーツ大会やカラオケ大会など会社のイベントで優勝景品を提供する、または、イベントの運営経費の補助をするといった方法もあります。

 

このように、成果に対する報酬は、ボーナスや特別手当などの金銭の支給だけではなく、社員の仕事に対するモチベーションを上げるためのさまざまな方法が考えらえます。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜