無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国では個人と個人の信頼関係を構築することが基本

長期安定雇用が前提の日本では、会社に対して忠誠心を尽くし、会社に所属することで安定的な生活基盤を作ります。

 

一方、中国人の会社に対する忠誠心は希薄です。

 

組織に所属しているという意識は低く、自分の身は自分で守るという考え方が基本です。

 

しかし、中国人には会社に対する忠誠心は期待できませんが、個人に対する忠義心は強烈に発揮します。

 

中国人は個人と個人の関係を重視し、一度良好な人間関係を築くと、上司や仲間のために強力な忠義心を発揮するのです。

 

中国ビジネスを成功させるカギはここにあります。

 

会社という枠を超えて、個人と個人の信頼関係をしっかり構築することが重要なのです。

 

このように、中国人は会社に対する忠誠心は希薄ですが、個人に対してはたいへん強い忠義心を発揮します。

 

忠義心で結ばれた人間関係は、お互いが所属する組織が変わっても続きます。

 

ここが、中国人とうまくつき合っていくための最も重要なポイントであるといえるでしょう。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜