無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国人は謝ることをしない

絶対にやってはいけない行為の2つ目は「謝らせる」ことです。

 

中国人は基本的に謝るという行為をしません。

 

自分から「すみません」とは決して言わないのです。

 

一方、日本人はミスを犯したときに、まず、「すみません」と言います。

 

この「すみません」は、本当に自分に非があることを謝罪するというより、その後のコミュニケーションを円滑にするための一言です。

 

同時に、日本人は謝った人に対してはたいへん寛容です。

 

日本では、弱者や一度敗北を認めた人に対して、世間からの同情や、救いの手が差し伸べられます。

 

つまり、弱者や敗者を暖かく見守ることが美徳という文化なのです。

 

しかし、中国は弱者や敗者に厳しい文化です。そこで、謝るという罪を認める行為に対して、中国人は寛大ではありません。

 

謝る本人だけでなく、自分が属するコミュニティにまで影響がおよび、たいせつな仲間や家族まで巻き込んでしまうことを、中国人は本能的に知っているのです。

 

そこで、中国人は、問題の原因やその背景、物事の本質を見極めるまでは謝りません。

 

つまり、中国人に対して必要以上に謝罪を要求することは無意味なことです。

 

謝罪をさせる以前に、謝罪を要求するに至った原因を整理して、なぜ、彼らが謝らないのかを考えてみたほうがよいでしょう。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜