無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国での支払い時の注意点

割り勘という習慣のない中国では、支払い時に次の3つに注意する必要があります。

 

まず、中国人がホストの場合は、素直に食事をご馳走になればよいのです。

 

変な気遣いで、無理に食事代を払おうとすると、ホストの面子を傷つけてしまいます。

 

今回はご馳走になり、次回、こちらが食事会を企画すればよいのです。

 

日本側がホストの場合、中国人の費用は日本側が全額負担し、日本人の分はそれぞれの出席者から会費を集めることがありますが、これは中国人から見ると不思議な光景です。

 

中国人のお客様の前では、お金を集める様子は見せないほうがよいでしょう。

 

幹事役の人が、ケチな日本人と思われてしまいます。

 

中国人の部下を食事に誘う場合に、上司が料金を負担しますが、支払いの際にレジで領収書を請求することは避けたほうがよいでしょう。

 

会社の経費で食事代を払うケチな上司と思われてしまいます。

 

このような場合は、会社の経費ではなく、ポケットマネーで支払うべきです。

 

無意識に領収書を受け取っていても、中国人の部下はしっかりと観察しています。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜