無防備なまま交渉に臨んでも、交渉術に長けた中国人に勝てるわけがありません。



  

中国語を学ぶときの3つのポイント

中国語は最初の発音と四声をしっかり学ぶことが重要です。

 

第1のポイントは発音と四声は短期集中で学ぶことです。

 

そして、第2のポイントは、中国語の基礎を学ぶ際に日本人がつまづきやすいポイントを理解している先生を探すことです。

 

第3のポイントは、どんな場面で中国語を使いたいのかを、自分自身がしっかりとした目標を持つことです。

 

中国語では、発音と四音が中途半端なままだと、初級から中級、中級から上級に進むにつれて、会話力が伸び悩みます。

 

また、中国語には、日本語にはない母音や子音があります。

 

そこで、口の形、音の出し方など、日本人が苦手とするポイントをきちんと指導できるいい先生を探すことが必要です。

 

また、四声の練習も同様です。音の高低のなかには日本人が苦手とする組み合わせがいくつかあります。

 

そこで、日本人が間違いやすいポイントを徹底的に矯正してくれる先生を探すことが重要です。

 

中国語を学ぶ際に最も重要なポイントは、どんな場面でどんな言葉を話したいか、具体的な目標を持つことです。

 

たとえば、中国語で自己紹介がしたい、会社を紹介した、レストランで注文がしたい、タクシーで目的地を告げたい、買い物の値引き交渉がしたいなど、学習の成果がすぐに試せるような具体的な場面がイメージできることが、中国語が上手くなる最大の近道です。

【必達!中国語会話学習法77】
中国輸入ビジネス継承セミナー動画版〜0から100万円までの全軌跡&取扱商品暴露〜